2017年10月31日火曜日

スラックスに一番しっくりくる。 そんなパーカーです。



カシっとした風合いと生地の凸凹が特徴のアメリカ産の綿糸を使った吊り丸網みによるパーカー。

一時間に1メートルしか編めない吊り編み機。

今では機械自体でも極少で、大半のスウェットはシンカーと呼ばれる吊り網み機の45倍もの生産能力を持つ機械で作られています。

吊り編み機で編み込まれたカットソーの特徴は空気を含んだようなふんわりした生地が編めるのが特徴ですが、こちらはその特徴をふまえつつ、限界まで度詰めたしっかりとした風合いを出しています。



長年着こんでいくと、シンカーだったら縦伸びが少なくいですが、横には伸びる。


吊りの場合、縦横に伸びるから身体になじんでいき、着心地は抜群に変化していきます。


洗濯を2回して頂いたら違いがすぐにわかります。






網目の品の良さが、着こなしの楽しみを広げてくれます。




フードの形は、後付けパーカーと呼ばれ、すっきりとした首元が特徴。クルーネックのスウェットのような、もたつきのないすっきりとした首回りながらも、パーカーのもつカジュアルなラフ感がありつつ、
ジャケットとのレイヤードもすっきりとあわせる事ができます。





個人的には上品なコートなどのインナーだったり、スラックスに一番しっくりくる。
そんなパーカーです。




オープンカラーシャツと僕。



毎シーズン定番でバリエーション豊富に取り扱わさせて頂いているオープンカラーシャツ。
コットン、レーヨン、ウールなどなど、着こなしに応じて使い分けることのできるように、取り揃えています。


定番品といえば、ずっと同じと思われがちですが、

僕たちを通じて皆様の意見や時代のトレンドを反映しながら、クオリティを向上させています。

今シーズンは少しゆとりのあるシルエットになっていたり。







オンブレチェックはポリエステル65%、レーヨン-35%のTR素材を用いて制作。ふんわりと柔らかく細かい起毛の生地が特徴で、軽くて丈夫、そして型崩れしにくいよう制作。
ブラックデニムやT/Cワークパンツが似合う、柄、色合いに仕上げています。


絣チェックは、 ウール-80%、ナイロン-20%で制作され、保温性に優れ、長く着こんだような風合いを再現したオイルの抜けたウール生地は肌に馴染み、ブラック、ネイビー、オリーブと暗くなりがちな冬のコーディネイトを意識して明るい色濃度で、制作されています。








秋は主役として1枚での着用はもちろん、季節が進んだらジャケットやニットなど品よく重ね着しがおすすめ。





そして、カジュアルな印象を与えるオープンカラーシャツ。

他にはない当店でそろえているオープンカラーシャツの最大の特徴は、上までボタンを閉めることのできる設計になっていること。
閉めても首がつまって苦しくなく、ちょっと品の良い場所に行くとき等にはドレッシーな着こなしにも対応できます。

スタッフ全員のワードローブであるオープンカラーシャツ。

皆様もシャツに迷ったらぜひ、オープンカラーシャツをお選びになってみて下さいね。




2017年10月30日月曜日

アウトドアとミリタリーのハイブリット







アウトドアのスペシャリストCOMFYよりリバーシブルベストが入荷しました。
ミリタリーテイストなカラーとアウトドアを意識したデザインが斬新で、タウンユースにもぴったりなベストに仕上がっています。





両A面のこちら、デザインで選んでもよし、上に羽織るアウターで選んでもよしなベストになっています。

お値段も19,000円とリーズナブルですので、お求めやすい価格なのもおすすめポイント。


90年代のストリートを代表するジャケットG8



RADIALL "HEMI" FLIGHT JACKET

 

US NAVYのフライトジャケットである通称G8。
近年人気のあるフライトジャケットの定番MA-1とはまた違うデザインが良く、マニア好みなG8がRADIALLより発売です。

もともとはパイロットスーツの上から羽織る装備品なので薄手のジャケットなのですが、
タウンユースを考慮ししっかりと厚手のヘビーアウターに昇華したジャケットになっています。


 
 中綿にはシンサレートを使用し、保温性に優れ、蒸し暑い建物の中では熱気を放出してくれる高機能素材を使用しています。

90年代には今なお人気の高いスケーター、マークゴンザレスが着用したことで、
ゴンズジャケットと呼ばれるほど有名になりましたね。

90年代のストリートを代表するジャケットG8。

デザイン性、機能性が高くなったG8、ぜひみなさんも着こなしてみて下さい。








 

2017年10月27日金曜日

ROUGH AND RUGGED NEW STOCK



LIBERAIDERS NEW STOCK














RADIALL NEW STOCK





COMFY NEW STOCK



OCMFYより新入荷がございました。
リバーシブルタイプのライナーベスト。ECWCSっぽい雰囲気がお好きな人におすすめです。

2017年10月24日火曜日

CUT RATE NEW STOCK



CUT RATEよりワイドシルエットのチノが入荷しました。

裾丈を短く、9分丈くらいにし今っぽく履けるワイドチノ。モードっぽいアプローチからストリートまで幅広い着こなしのできる洒落たシルエットになっています。

ロングコートにもとてもよく似合うパンツ。とてもおすすめなパンツ。
スタッフも購入し愛用している今季おすすめのパンツです。



FROM THE GARRET新入荷


FROM THE GARRETより新入荷がございました。


USMC寒冷地仕様LEVEL7に属するPRIMA LOFTを使用したジャケットを元に製作。




PRIMA LOFTは、耐水性を備えたダウンの代替素材として米国陸軍向けに開発。
寒さや雨雪など過酷な条件下においても敵軍を凌駕する戦略的優位性を提供している。
また家庭でも洗える利便性を併せ持ちます。
ポケッタブル仕様、フード収納など多くのディティール。
米軍支給品でありながら、初期型にはスマイルマークが付き
ハッピージャケットと呼ばれています。

保温性も抜群でオリジナルの物よりサイジングや色目はファッションライクになっています。
真冬のアウターとしてお勧めいたします。




2017年10月23日月曜日

目指したのは、もちろんアメリカのヴィンテージですが、それだけではありません。



RADIALLでは人気の吊り網み機にて織られた丸胴スウェットシャツ。

ラディアルのスウェットは数年前から作られてきた代表的なアイテムのひとつ。
目指したのは、もちろんアメリカのヴィンテージ。








カタチを似せるために表面だけなぞるのではなく、風合いや着心地など本質まで求めて作っているのは、ジーンズ、レーヨン、レザーと同様。そんなRADIALLが求めたスウェットは、吊り網機で織る事が出来る限界に近い肉感のある生地と独特のフェードした色合い、またタテに筋が入るように目が立った表面など、ヴィンテージスウェットそのもの。それを生み出す上で、絶対に欠かせないのが、吊り編み機。








世界的に見ても稼働している吊り編み機は日本の和歌山エリアに工場が数件あるだけです。

現在ヴィンテージと呼ばれる40~50年代のスウェットシャツは吊り網機で生産されたものがほとんど。
半世紀以上経過後も現存しているのは、やはり吊り網機で生産され、その商品のタフさが物語っています。
着心地がよく10年着てもヘタらない、洗っても洗っても、本体もエリも袖口も、まったくヘタらない。まるでジーンズみたいに、生地の経年も楽しめる、すばらしいスウェットシャツ。



かつてコットンフリースと呼ばれた裏面の起毛。ウールのような保温性を高める効果を持つ裏面の起毛処理。
編み上がった後に筒のまま「丸起毛」と呼ばれる工程で施され、その後染色工程へと移る。起毛は着こむほどに摩擦と洗濯で束ねられ、油脂も抜けてタオルケットのような肌触りになるのが特徴。


カラーもオリーブやブラック、ネイビーなどの色合いが多くなる冬のアウターに似合うカラー展開。


綺麗な色合いになっています。





RADIALL"NOVA CREW NECK SWEATSHIRT"

自己紹介

自分の写真

CONNETICUT
 
DOMANI-1,262-1YAHATA,KOMATSU CITY,ISHIKAWA,JPN
 
0761-47-1138
 
CONNETICUT.CO. Powered by Blogger.
© CONETICUT Journal
Maira Gall