2018年10月29日月曜日

RADIALLが培ってきたモノつくりへの追及が生んだ、デザイン性の高いワークウェア






気温もすっかり落ちより一層秋めいてきました。
そろそろ暖房の出番になりそうですね。

本日はRADIALLのワークウェアラインTUFF NUFF (タフナフ)のカーペンターシャツが入荷しました。
上質でハリコシのある太めの畝、8ウェルのコットンコーデュロイを使用しています。





両胸の大きなワークポケットが特徴的で、シンプルながら個性なデザインになっています。

ワークウェアラインと言いながらも、直球なワークウェアではなくRADIALLが培ってきたモノつくりへの追及が生んだ、デザイン性の高い仕上がり。

本格的なワークウェアとしてももちろんですが、タウンユースにベースを置いていますのですんなりとコーディネイトに取り入れて頂けるのではないでしょうか。


ボタンもカバーオールに見られるドーナツボタンを使用し、シャツとジャケットの中間といったデザイン。

厚手のしっかりとした生地になり、今時期はアウターに、そして冬はコートやダウンなどヘビーアウターのインナーに着て頂けます。

 ゆったりとしたシルエットは今の気分にマッチしますね。

ぜひお試しください。
すばらしいシャツです。


STYLINGと着こなし 

STYING①







RADIALL "T.N. CARPENTER SHIRT"


PRICE: 23,800yen(without TAX)




2018年10月26日金曜日

RADIALL NEW ARRIVED











2018年10月23日火曜日

上品かつカジュアルにも使いこなせる万能なセットアップです。









オリジナルのT/C素材で作られたモデルを始め、ここ何シーズンかで定番となったスーツのセットアップ。
落ち着いた雰囲気や統一感の出るアイテムであり、誰でも簡単にスタイリッシュに着こなせる優れものです。
今期はキャバリーツイルと呼ばれる織物で仕立て上げました。

Cavalry = 騎兵隊という意味であり、古くは英国騎兵隊のユニフォームとして考案された歴史があります。ヘビーデューティーな作業着ながらもエレガントさを兼ね揃えた上質な生地となります。
ギャバジンと言われる織目がきつく丈夫に作られた綾織りの布を二重に織り、 しっかりとしたコシを持ちつつもしなやかな耐久性、弾力性を生み出す斜め63 度の二重の綾畝が特徴的です。

一般的にウールで織り上げられることが多いのですが、クラシックで高級感を持つ織り方をコットン地に用いることで動量の多い洋服に適し、ストリートウェアーとして日常で活用できるテーラードスーツが出来上がりました。
そのため、トラウザーも日常的にがっつりと着込め、デニムのように履き潰しても雰囲気の出るアイテムであり、ウォッシュを加えたレーヨンやカットソーとの相性も抜群に良くなります。
上品かつカジュアルにも使いこなせる万能なセットアップです。




RADIALL "MONTE CARLO - JACKET & TROUSERS" - Top Gray


*当店ではセットアップでの販売となっております。

2018年10月22日月曜日

最高級のスウェットシャツ






もはや定番となり発売している吊り編み機によるスウェットシャツとパーカーが発売となりました。

カシっとした風合いと生地の凸凹が特徴のアメリカ産の綿糸を使った吊り丸網みによるスウェット。

一時間に約1メートルしか編めない吊り編み機。

今では機械自体でも極少で、大半のスウェットはシンカーと呼ばれる吊り網み機の45倍もの生産能力を持つ機械で作られています。

吊り編み機で編み込まれたカットソーの特徴は空気を含んだようなふんわりした生地が編めるのが特徴ですが、こちらはその特徴をふまえつつ、限界まで度詰めたしっかりとした風合いを出しています。



長年着こんでいくと、シンカーだったら縦伸びが少なくいですが、横には伸びる。


吊りの場合、縦横に伸びるから身体になじんでいき、着心地は抜群に変化していきます。


洗濯を2回して頂いたら違いがすぐにわかります。








編み目の品の良さが、着こなしの楽しみを広げてくれ、スウェットはヴィンテージライクな両V、そしてパーカーのフードの形は、後付けパーカーと呼ばれ、すっきりとした首元が特徴。

クルーネックのスウェットのような、もたつきのないすっきりとした首回りながらも、パーカーのもつカジュアルなラフ感がありつつ、
ジャケットとのレイヤードもすっきりとあわせる事ができます。


吊り編みならではのサイドにハギのない編み 。

これも着心地やシルエットのよさを生んでいます。

着たことのない方はぜひ一度、このスウェットを試してみて下さいね。

驚きます。



STYLINGと着こなし。

STYLING①






STYLING②






STYLING③




STYLING④









2018年10月20日土曜日

RADIALL×4D7S




RADIALL×4D7Sのコラボレーションによるトラッカーキャップが発売となりました。

ブラック、ネイビー、ブラウンの3色展開でリリースです。




2018年10月19日金曜日

RADIALL New ARRIVED






2018年10月18日木曜日

RICO HI TOP SNEAKER



今季で3シーズン目となるSUVSOLEとのコラボレーション。
改めて、SUVSOLEとは、Shoes(シューズ)、Utility(実用性)、Value(価値)、Sole(ソール)の頭文字などを含んだ造語から命名されています。
その名の通りシンプルかつ上品なデザインながら、実用に適した機能を備える高品質なシューズブランド。

これまでの2シーズンはスリッポンでのエントリーでしたが、今季ではハイカットを選びました。
クラシックともいえる王道モデルに、実用的機能が掛け合わされたスニーカーとなっております。
SUVSOLEオリジナルのインソールとアウトソールにより、包み込むようなフィット感、歩きたくなる履き心地が生み出されています。
タン部には平ゴムを配して、スリッポンのようにシューレース無しでもリラックスして履けるようにしました。
今回もRADIALLらしさとSUVSOLEらしさが融合した一足。




RADIALL - RICO HI TOP SNEAKER



COMFY NEW ARRIVED




裾を取り外し、ショート丈にできる2WAYジャケットがリリースしました。

2018年10月15日月曜日

新しいスウェットパーカーの隠れた秘密。




ミリタリー、サーフ、モータサイクルとバックボーンにもちコレクションに反映し物作りをするROUGH AND RUGGEDよりスウェットが発売となりました。

ミリタリーのトレーニングウェアをイメージソースにしたデザインがコーディネイトに取り入れやすくなっています。




フロントにはROUGH AND RUGGEDらしい強烈なメッセージのプリントが入り、裾にはコントラクトが付き、ミリタリー色の濃いデザイン。





フードの紐はコットン性の平紐を使用し、クラシカルな雰囲気とスピンドルはレザーになりスポーティーなパーカーをワンランク上に昇華してくれています。




最大の特徴は、裏地にフリースボアを使用していること。
防風性と保温性が格段に上がり、コーチジャケットなど軽めのアウターにあわせても充分な暖かさを確保できます。

ネイビーボディはナチュラルカラーのボア、ブラックボディはブラックカラーのボアが付きます。
 
 
ムートンのような肌触りが特徴的なフリースボア。最高に気持ちのいい着心地なのでぜひお試しください。
 
 

 
 
 
ミリタリーウェアによくにあい、ストリートをミックスしたミリタリースタイルにおすすめです。


STYLINGと着こなし。

STYLING①


 STYLING②


 

ROUGH AND RUGGED "CHAMP HOOD" 

COLOR: NAVY,BLACK
PRICE: 18,000yen(with out TAX) 
 

自己紹介

自分の写真

CONNETICUT
 
DOMANI-1,262-1YAHATA,KOMATSU CITY,ISHIKAWA,JPN
 
0761-47-1138
 
CONNETICUT.CO. Powered by Blogger.
© CONETICUT Journal
Maira Gall