2017年8月3日木曜日

経年とともに味わい深い変化がうまれるヌメ革。

昔、バイト先の先輩から一服するから飲み物買ってこいと渡されたヌメ革の小銭入れ。

とくにブランドもない何の変哲もない普通の小銭入れ。


でもおそらく何年も使い込まれ、柔らかくしなやかで、くたびれていたけどとってもかっこいいアジが出てました。




  • STERETICA LEATHER オーダーウォレット












前にご紹介したイタリアンレザーにヴィンテージのミリタリーアイウエアのレザーケースに施されたシボからインスピレーションを受け施した型押しのヌメ革を使用したミニウォレット。








手のひらに収まるサイズは使いやすく、ポケットにも収まりがいいサイズ。






フラップをあけると、小銭入れ、お札入れがそれぞれ独立してあり背面にはカードポケットも装備。

夏、ショーツだと案外じゃまになる財布。セカンドウォレットとして大活躍するディテールです。







革の張り合わせが分からなくなるくらいに丁寧に何度も磨き、削り、仕上げたコバ。







経年とともに味わい深い変化がうまれるヌメ革。


あの時の小銭入れのように、味わい深いものにこれから変化し、その人、その人の個性が出ていきます。

 オーダーありがとうございました。


0 件のコメント

コメントを投稿

自己紹介

自分の写真

CONNETICUT
 
DOMANI-1,262-1YAHATA,KOMATSU CITY,ISHIKAWA,JPN
 
0761-47-1138
 
CONNETICUT.CO. Powered by Blogger.
© CONETICUT Journal
Maira Gall