2017年9月30日土曜日

クロネコヤマトの運賃改正により、送料が変更となりました。



日頃よりCONNETICUT ONLINESHOPをご利用頂き誠にありがとうございます。

クロネコヤマトの運賃改正により、送料が変更となりました。
これまでも変更があり、運賃引き上げとなってきましたが、お客様の送料の一部を当店で、ご負担させて頂き、料金を変更せずにお送りさせて頂きましたがこの度の運賃改正では、やもえず運賃アップとなってしまいました。

誠に申し訳ございませんが宜しくお願い致します。

地域別の料金は、ホームページにて記載いたしましたので、ご確認ください。



CONNETICUT ONLINESHOP

2017年9月29日金曜日

RADIALL NEW STOCK














画像がご用意できておりませんが、この他にもマウンテンパーカーが入荷しております。


2017年9月28日木曜日

POP UP STORE



10月14日(土)、15日(日)の二日間にわたりFIVE POINTZ POP UP STOREがCONNETICUT店内に登場です。


新作のジュエリーを含め、当店でも取り扱いのないジュエリーが期間限定で、フルラインナップで店頭に並びます。


購入はもちろん、お客様個人個人のカスタムオーダー、ブラダイルリング、そしてレディースラインもございますので、カップルでのペアリングなど
ひとりひとりに向き合ったお付き合いができればと思います。

当日はデザイナーの相川氏にもご来場いただきます。

またGOOD TASTE COFFEEさんによるCOFFEE STANDも出店。


どうぞお気軽にお越しください。


2017年9月26日火曜日

ROUGH AND RUGGED NEW STOCK




ROUGH AND RUGGED"STRUGGLE"

ROUGH AND RUGGEDより新入荷がございました。

人気のコートタイプのジャケット"STUGGLE"。

ミリタリータイプなどこれまで発売してきましたが今回はチェスターコートのデザインを継承し制作。

ウォッシュを施したコーデュロイ生地が、野暮ったさと都会的な雰囲気をうまくミックスしたROUGH AND RUGGEDお得意の雰囲気になっています。
コーデュロイって中にニットなど着ると、生地が引っかかって着にくくストレスになりますが、裏地スーツの裏地にも使われるようなツルっとしたテフラ生地がございますので着脱のストレスもなくなっています。



正直、コートのようなこの手のジャケットはサイズなどあまり気になさらず、羽織っていただければ良いと思います。
ピチっと小さくなければ問題ありません。

あとよく身長が小さいから似合わないと思っている方もいらっしゃいますが、こちらもまったく問題ございません。僕も小さいですから:)

パンツの裾がタボついているとバランスがおかしくなるので、似合わないと勘違いしてしまいがち。

ようするに、身長が190センチの方でもパンツの裾がタボついていると似合いません。


良い例で言うと、女性ってよくコートきていませんか?皆さんより背が低くありませんか?
なのにお似合いになっています。




基本みなさんパンツの太さに関係せず、裾をすっきりさせているので、お似合いになっているんですね。

コートを着てみようかなって思いましたらパンツの裾を気になさってみて下さいね。







トラックジャケットと音楽



昨日の記事で書いた音楽ときってもきれない関係のあるレーヨンシャツに続き、
今日は同じく音楽ときってもきれない関係のあるトラックジャケットをご紹介いたします。


2017年9月25日月曜日

ネイティブ柄




RADIALL"T.N. WESTERN SHIRTS"

 

 

タウンユース×ワークウェアを掲げるRADIALLのライン"TUFF NUFF"よりデニムウエスタンシャツが発売。

ジーンズ同様に様々なスタイリングに活躍するデニムシャツ。

今シーズンは日本、アメリカ、ヨーロッパのネイティブ柄をバンダナ調に組み上げたオリジナルの柄をデザイン。

抜染プリントと呼ばれる技法でプリントしたこちらは、色を生地の上に乗せるのではなく色を抜いた技法。

手の込んだ技法ですが、こうすると全体に入ったプリントも生地に馴染み、いやらしくなく、ハードウォッシュデニムに馴染んでくれます。




特別なシャツ



RADIALLがずっと作り続ける素材、レーヨン。

サイコビリーだったり、ブルースだったりアーティストが着るレーヨンのオープンカラーシャツ。
レーヨンはいつの時代だって音楽のそばにあり、羽織ると体の中に音楽が流れる感覚になり、車窓の中からのいつもと変わらない景色が、まるで映画のワンシーンのように、いつもよりドラマチックに感じます。


レーヨンの原材料に使用される木(木材バルブ)の特性によりシルクと同等の高い放湿性と吸水性、、そしてウールに次ぐ保温性を兼ね備えており、
糸の太さや織りを変えることにより、春も夏も秋も冬も、どの季節でも快適に着ることができます。




 そして今回使用したレーヨン生地は通常のレーヨンより強度が高く、光沢を落としたつや消しの糸、モダールレーヨンを使いギャバジン織りで仕上げてあります。

 ギャバジン織りとは、綾目が通常より強い綾織りのことで、生地の表面には特徴的な斜めの模様が現れ。裏面には滑らかな肌触りに仕上がる機織りの手法。





 首が触れる部分はキュプラを使用し肌触りが良く快適な着心地。





フロントにはTIKIをデザイン。

数あるTIKIの中でも音楽と平和の神様であるロノを選び、さらに音楽を感じさせる一枚に仕上がっています。




 オープンカラーのボックスタイプのシャツは、かっちりボタンを閉めて着るよりも、Tシャツのようにラフに軽く羽織り、着流すくらいで着たほうが、個人的には好きですしおすすめ。

何気ない日常をいつもよりドラマチックにしてくれるシャツ、いつもよりカーオーディオのボリュームを上げて出かけてみましょう。


RADIALL"POLYNESIAN"

2017年9月24日日曜日

CUT RATE NEW STOCK




2017年9月22日金曜日

RADIALL NEW STOCK







少しストリート感を出したいって気分の時にぴったりなロゴTシャツ




LIBERAIDERS"LOGO TEE"

 

ファーストシーズンにふさわしいブランドロゴを施したシンプルなTシャツが入荷しました。





全体を起毛させ、色を退色させるフロスト加工を施しており、 肌触りが良くヴィンテージライクな仕上がり。


裾の後ろ真ん中にピスネームが付き、レイヤードしたときにチラッと▲のピスネームが見え洒落てます。







少しストリート感を出したいって気分の時にぴったりなロゴTシャツ。

いかがでしょうか?

2017年9月21日木曜日

「再生、無限の循環」



LIBEARIDERS"M-65 - OLIVE" 

LIBERAIDERSのミリタリーコートが新入荷しました。

ざっくりとしたシルエットながらも、都会的で洒落たシルエットになっています。

60年代後期のアメリカ軍が使用していた、極寒用フィールドパーカーをベースに、 フードはあえてつけず、現代版にアップデート。

背中には「再生、無限の循環」を表す八芒星をヘリンボーン生地、ドビー生地、タイガーカモ生地を使用し
民族、紛争を思い起こさせるテキスタイルにより再生と無限の循環を表しています。



 










ボトムもベロアパンツなどスポーティーなものでハズしてもよさそうですね。

皆様も大好物なロングコート。

ぜひ秋のワードローブに加えて下さいね。




Liberaiders New Stock



思いで深い旅のお供に








LIBERAIDERS"COUP QUILTING LINER JACKET" 

ファーストシーズン立ち上がり早々に人気のあるライナージャケット。
旅をテーマにするLiberaidersにぴったりな軽くて持ち運びも楽、そして暖かい。と機能的なジャケット。

もう一つのテーマであるミリタリーのエッセンスも加え、オリジナリティあふれるライナージャケットに仕上がっています。

フロントの大きなポケットはちょっとしたバックくらいの容量があるので、多少の荷物なら手ぶらで出かけることができそうです。

秋はアウター、冬はインナーとして大活躍してくれるキルティングジャケット。
ジャストサイズでも、そして最近人気のオーバーサイズでも形を崩さない綺麗なシルエット。
 


思いで深い旅のコーディネイトに大活躍してくれそうです。




2017年9月19日火曜日

LIBERAIDERS






16日より全国一斉発売となったLIBERAIDERS
オンラインショップにもアップしましたのでぜひチェックしてみて下さい。


ブランドテーマの一つである"旅"

旅の際に着るストリートウェアとして、ただデザインだけではなく、荷物にならないように服の軽さだったり、急な悪天候にも対応できる様に完全防水だったり、気温に対応した機能性などなど
高機能なウェアになっています。

ぜひみなさまの旅のお供に。

LIBERAIDERS

2017年9月17日日曜日

Liberaiders NEW STOCK
















CONNETICUT.CO. Powered by Blogger.
© BUNTEN Journal
Maira Gall