2017年9月25日月曜日

特別なシャツ



RADIALLがずっと作り続ける素材、レーヨン。

サイコビリーだったり、ブルースだったりアーティストが着るレーヨンのオープンカラーシャツ。
レーヨンはいつの時代だって音楽のそばにあり、羽織ると体の中に音楽が流れる感覚になり、車窓の中からのいつもと変わらない景色が、まるで映画のワンシーンのように、いつもよりドラマチックに感じます。


レーヨンの原材料に使用される木(木材バルブ)の特性によりシルクと同等の高い放湿性と吸水性、、そしてウールに次ぐ保温性を兼ね備えており、
糸の太さや織りを変えることにより、春も夏も秋も冬も、どの季節でも快適に着ることができます。




 そして今回使用したレーヨン生地は通常のレーヨンより強度が高く、光沢を落としたつや消しの糸、モダールレーヨンを使いギャバジン織りで仕上げてあります。

 ギャバジン織りとは、綾目が通常より強い綾織りのことで、生地の表面には特徴的な斜めの模様が現れ。裏面には滑らかな肌触りに仕上がる機織りの手法。





 首が触れる部分はキュプラを使用し肌触りが良く快適な着心地。





フロントにはTIKIをデザイン。

数あるTIKIの中でも音楽と平和の神様であるロノを選び、さらに音楽を感じさせる一枚に仕上がっています。




 オープンカラーのボックスタイプのシャツは、かっちりボタンを閉めて着るよりも、Tシャツのようにラフに軽く羽織り、着流すくらいで着たほうが、個人的には好きですしおすすめ。

何気ない日常をいつもよりドラマチックにしてくれるシャツ、いつもよりカーオーディオのボリュームを上げて出かけてみましょう。


RADIALL"POLYNESIAN"

0 件のコメント

コメントを投稿

CONNETICUT.CO. Powered by Blogger.
© BUNTEN Journal
Maira Gall